大阪府堺市美原区の歯科医院「さねしげ歯科医院」のレーザー治療による症例:小帯切除の症例です 

さねしげ歯科医院
レーザー治療



さねしげ歯科医院

大阪府堺市美原区
多治井232-246

初診予約受付

トップページ > レーザー治療 >レーザー治療による症例(小帯切除の症例)  


小帯切除の症例


唇を引っ張ると「小帯」と呼ばれる、小さな「水かき」があります。例えば、上唇にあるのは「上唇小帯」、ベロの下は「舌小帯」といいます。これらは長すぎると(大きすぎる)と発音でロレツがまわらなくなったり、入れ歯を入れる時に邪魔になったりします。
そんなときにレーザーで切除をすると、ほとんど痛みを感じることなく数日での治癒が期待できます。上記の写真は、切除前の大きな小帯です。

レーザー照射後から2日後

5日後でほぼ治癒しています


Copyrgiht(C)2016 SANESHIGE DENTAL CLINIC.All Rights Reserved.
Produce By ㈱ピッコルーナ ホームページ制作